スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

初音ミクの調律方法(超我流w) その2

 前回から大分時間が経ってしまいましたが、(オイ
へたすれば、その1のチマチマよりよっぽど効果が大きいエフェクターについてです。

 エフェクターってなんじゃらほい?ってひとは、カラオケボックスのエコーを思い出してください。
あれはエフェクターの最たる物です。

 まずは、その効果を。拙作ですが、聞き比べてみてください。



 これは、ミクではなく、カイトですが、両方に使っているVOCALOIDから出力したWAVE、実は同じ物なんです。
エフェクターのかけ方一つでこんなに印象が変わってしまうわけです。
(まぁ、バックに本当の歌手の声が聞こえるか否かも影響はしてますが^^;)

 エフェクターをどうやってかけるかですが、
  1.DAWに付いている機能を利用する。
  2.VSTiを使える波形編集ソフトを使って、いろんな効果を追加して使う。
この辺が楽ちんでしょう。

 エフェクターの世界(特にリバーブなんか)は、とても深い世界らしく、同じ効果でも、メーカーの違いなんかで全然印象がかわります。
もちろん、エフェクターを通す順番でも大きく結果が変わりますので、エラーアンドトライで自分の好みを探していくのが一番でしょう。

 とりあえず、自分の使っているエフェクターと雑感を書いておきます。

1.リバーブ
 いわゆる残響。これとディレイを足し合わせると、カラオケのエコーになります。
効き過ぎるとお風呂場になるw。
 かなりのキモです。自分好みのメーカーとパラメータを探しましょう。
 ミクは声の線が細いので効果大。カイトの場合、効き過ぎる傾向が強いので、抑えめに。

2.イコライザー
 これも、猛烈に深い世界です。要は、ステレオの高音、低音のつまみのもっと細かいやつです。
 声の厚みを変えたり、子供っぽくしたり大人っぽくしたり。

3.ハーモニクスエンハンサー
 「倍音」を追加するエフェクターです。細かい説明は端折るとして、「柔らかい澄んだ音」っぽくなるwと思ってください。
ただし、効かせすぎると、逆にざらざらしたり、その後のリバーブが変にかかったりします。

4.コンプレッサー
 大きな音を、文字通り潰してしまうエフェクター。
変に大きな音を潰すことから、声質を変えてしまうことまで、様々に使えます。
 ちなみに、リン・レンを使うには必須!(なんでか分からないが、リン・レンは、音階や歌詞によって、派手に音圧が変わる癖を持っているため。VOCALOIDのダイナミクスの調整程度では、とてもじゃないが対処しきれない。)

5.ディエッサー
 人が「シャッ!」とか発音したときに、擦るような音が聞こえます。声質による個人差があるんですが、これが不快な音に聞こえないよう押さえてくれるエフェクター。
ミクでは結構役に立つ。ちなみにイコライザーとかバンドパスフィルターなどでもある程度代用可能。

6.ピッチ補正
 これは、比較的高めのDAW位にしかついてません。
 歌ってるとき、声の高さは均一ではなく微妙に上下してます。
これが心地よいこともありますが、変なずれは即音痴になっちゃいます。
この変なずれを直してくれるエフェクター。ミクやカイトは、特定の条件が揃った伸ばす音のとき、変に音痴になることがあるので、それを抑えてくれる。
(他にも、使い方によっていろんな効果が出せるんですが、とりあえず、この程度ということでw)


 自分が使うのは、この程度でしょうか。このほかにもコーラスとか、ディストーションとかいろんなものがあります。色々試して、自分好みの声を作りましょう。
スポンサーサイト
01 : 40 : 21 | VOCALOID (Tips) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

初音ミクの調律方法(超我流w) その1

 多分、買った人の大半が、カエルの歌あたりを歌わせてロボ声にのけぞるんじゃないでしょうか?w
 なぜ、ロボ声になるのか?自分の勝手な解釈ですが、
   1.抑揚がない。
   2.普通に打ったはずなのに、なんか、それぞれの音符で音量がちがう気がする。
   3.声の線が細い。
このあたりが原因でしょうか?

 でも、ニコニコ動画なんかをみてるとみんな上手に歌ってる。む~。
 きっと、いろんなやり方があるんでしょうが、自分がやってる方法を書いておきます。

1.「デフォルトの歌唱スタイル」で、次のように設定する。
   ベンドの深さ 4
   ベンドの長さ 0
   ポルタメント 使わない
   ディケイ   0
   アクセント  0
(説明は端折りますが「音符どおり棒読みで歌ってね」ってな意味です。)

2.とりあえず、何も考えず、一曲音階と歌詞を打ち込む。

3.通しで聞いてみて、発音が変な部分のベロシティを80~110位にしてみる。
治らなければ、直前の音符を少し短くして、間に休符をはさんだ状態にしてみる。

4.通しで聞いてみて、音の大きさが一本調子になるように、ダイナミクスを調整する。

5.自分で歌ってみて、なだらかに歌ってる部分にポルタメントをかける。

6.自分で歌ってみて、声を揺らしてる部分の音符にビブラートをかける。
(とりあえず、NormalかSlightあたりがクセがなくていいかも。)

7.曲を聴いて、盛り上がりの部分などをダイナミクスで調整する。
(4ですでにダイナミクスをいじってるので、それに足し引きする感じで。)

8.こぶしを入れたり、強調する部分の音符のアクセントを少し上げる。

9.WAVEにはき出して、波形編集ソフトで読み込み、クリッピングが発生していないか確認する。
(波形が振り切ってたら、クリッピングが発生してますので、全体の音量を下げるか、クリッピングが発生している部分のアクセントかダイナミクスを下げる。)

 とりあえずは、こんな感じでしょうか?
 でも、まだまだ、??な感じの歌い方と思います。次回は、ごまかしw(エフェクター)等です。
02 : 58 : 24 | VOCALOID (Tips) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ボーカロイドのフリーイラスト

 トラックバックなるものを初めて試してみるんですが、これでいいんだろ~か^^;

 VOCALOIDで作品を作ってる方の多くは、ニコニコ動画やYouTubeで作品を発表しているんじゃないかと思います。
 でも、どちらも「動画」。「音楽は作れるけど動画はちょっと…」って方や、「絵は苦手だし、どうしよう?」って方も多いんじゃないかと思います。
 まぁ、自分もそうなわけですがw

 そんな方におすすめなのが、この方のイラスト!かわいいイラストですし、ミクちゃん、リンちゃん、レンくん、そして、カイト兄さんまでそろってます♪
 さらに、PSDなので、いろんなアレンジも簡単ですし、Premire使ってる方なら簡単に動画として利用できます。

 相川良子さん、すばらしいイラストをありがとうございます~。


Vocaloid:KAITO & Vocaloid2:初音ミク SD風Vocaloid2:鏡音リン & 鏡音レン SD風...

19 : 45 : 01 | VOCALOID (Tips) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

VOCALOIDとVOCALOID2どっちがいい?

おそらく、ほとんどの人はVOCALOID2を選ぶと思うのですが、あえて違いを書いておきます。

【VOCALOID】
 ・実際の歌手さんの声をサンプリングしている。
 ・声のDBは200MBくらい。
 ・エディタの画面はどちらも同じだが、
  VOCALOIDはプレビューでしか実際の音程が確認できない。
  (VOCALOID2は、鍵盤や音のバーをクリックして音程が確認できる。)
 ・何もしなくても、歌い方にある程度クセがある。
  (クセであって上手い訳ではない。ただし、長い音の伸びはいい。)
 ・ビブラートのクセが強く、かなり強いピッチの変動を伴う。
 ・子音のタイミング調整の効果が小さい。

【VOCALOID2】
 ・実際の声優さんの声をサンプリングしている。
 ・声のDBは700MBくらい。
 ・何もしないと、棒読みな歌い方になる。
  (調整すれば、きちんと抑揚がつく。)
 ・「はちゅねのないしょ」という非公式プラグインでかなり便利になる。

 自分としては、よほど強い思い入れが無い限り、VOCALOID2をおすすめしますが、
「アニメ声はやだ!」「やっぱり男声ボーカル欲しい!」
って方は、VOCALOIDを選択することになります。

 ちなみに番外編ですが、海外には、アディエマスのボーカルさんの声を使ったものもあります。(欲しいが高い~orz)
00 : 26 : 29 | VOCALOID (Tips) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

VOCALOID(ボーカロイド)って一体なに?

 はたして、こんなブログを読んでくれる人がどれだけいるのか怪しいですが、自分の備忘録も兼ねて、VOVALOID Tipsのはじまりです。

 まず、そもそもボーカロイドが何か分からない方はこちら。

http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod/vi/engine?id=10
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/
(PCの方は、このページの左下にあるヤツから、いろんな方が作った曲を実際に聴けます。)

 要は、「歌を発する楽器」…メンバー居なくてもコーラスやメインボーカルを作れる便利なソフトシンセ…なんですが、声優さん使ってかわいいイラストつけたら大ブレイク!ってな状態なわけです。

 ただ、ソフト自体は、ピアノロール主体の超硬派。ノリだけで購入すると、後悔すること受け合いですw
 更に、このソフトだけではアカペラしか作れませんので、自分で曲を製作するなり、カラオケに合わせるなりする必要が出てきます。

 ぶっちゃけ、DTM…デスクトップミュージック…に興味がある人か経験者じゃないと、1ヶ月持たずに投げ出す可能性が高いですので、買うときには覚悟を決めましょうw
 かくいう自分も、昔DTMをかじったことがある程度なんですけどね^^;
 おそらく、実際にバンドやってる方は殆ど感じることはないと思うのですが、
DTM主体の人にとっては、「自分の作品を『自分以外の声』で聞かせられる」ってのは、ものすごい魅力のはずです。

 ここまで読んで、興味が沸いている方、気分が変わらないうちに、Amazonなり近所の店なりでポチっちゃいましょうw大歓迎します~♪


00 : 44 : 06 | VOCALOID (Tips) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

ここって一体なに?

お茶漬けのP

アクセサリー屋
CraftTeam Esperanto」と
「VOCALOID」関係のブログです。

記事がゴッチャになってますので、カテゴリーで絞り込んでお読みになることをおすすめします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。